24. 酒と鬼を探す男2

 喜太郎は夜明け前の旭川の水の中にいた。日の出の一瞬に現れる紫の酒、鶴翔(つるはね)に 出会うためである。前日に泳ぎ廻って地形を確かめているとはいえ、漆黒の川の中では川岸や木々の 黒い影以外には何も見えなかった。喜太郎はただ静かに立ち泳ぎをして感覚を研ぎ澄まして待った。 人の気配も妖気も感じられなかった。  空が白くなり川面が微かに照らされてくると、昨日と同じ微かな妖気が全身に響いた。次の瞬間、 喜太郎は迷わず口一杯に川の水を飲んだ。まさしく酒である、それもこれまで経験したことのないない まろやかで清々しくコクのある不思議な味わいを感じていると、目の前にはかつて愛した女と共に木の 枝を飛び移りながら話をしていた懐かしい光景が広がった。  その女は町人の娘の姿でいつも現れていた。喜太郎と会うときには人目を忍び、岩場や林の中や 木の枝の上など、人のいない険しい場所を望んだ。その女は自らの素性を明かしていなかった。喜太郎 にとってそれを調べるのは簡単だったが、敢えて詮索しないままにしていた。それでもその女の並々 ならぬ身のこなしを見れば、それが単なる町人のものではないことは明らかだった。喜太郎は不可思 議な現象を調べる化幻玄師でありながら、武術体術の鍛錬も怠らなかったために、その女の望む険しい 場所での待ち合わせにも応じられた。二人の間に直接的な愛の言葉はなかったが、不可思議な現象を 求めて旅を重ね魑魅魍魎を相手にすることが多い喜太郎にとって、その女と一緒にいるひと時が気持ち の休まる数少ない機会であった。  木の枝を飛び移りながら女と話をしていると、束ねていた喜太郎の髪に木の枝が引っ掛かった。 頭を強く後ろに引っ張られた喜太郎の手から女の手がほどけ、その女は自分をおいて向こうの枝に 飛び移った。喜太郎は、自分に背を向けて行ってしまいそうになるその女の名前を呼んだ。蓮佳 (れんか)、そう叫ぶ喜太郎はどんどん髪を上方に引っ張られ、木の枝から離れて宙に舞いあがり、 女から遠ざかった。  自分が水の中にいて底に足が届くことに気付いた喜太郎は我に返って泳ぎ、息を切らしながら 川原を歩いて水から上がった。周囲はほのかに明るくなっていた。川原にひざまずいて咳き込みなが ら水を吐き出してから見上げた先に、ずぶ濡れの女がいた。昨日川から上がった時に出くわした女で あった。濡れてはだけた着物を整えながら、その女は喜太郎を叱った。なぜ暗い川で泳ぐのか、酔っ 払っているのか、死にたいのか悪ふざけかと。自分は溺れかけてその女に助けられた、喜太郎はやっ と事態を理解した。  喜太郎は礼を言った。そしてこれは自殺でも悪ふざけでもなく、昨日話した伝説の調査である ことを改めて説明しながら、女に名前を尋ねた。丸岡、そういって女は背を向け、ふんどし姿の喜太郎 に着るものはないのかと言った。喜太郎は走って服を取りに向かった。服と荷物を置いて川に飛び込ん だ場所までは、200mほどもあった。ふんどしをはためかせながら尻を出して走る喜太郎の姿に、丸岡は 吹き出して笑った。  喜太郎は前日、宿代を節約するためにと国鉄福渡駅に寝たが、この日は今朝飛び込んだ川から ほど近い八幡温泉に宿を探した。八幡温泉には温泉街というほど多くの宿はなく、7件ほどの旅館が 疎らにあるだけであった。喜太郎は旅館を見て歩き周りながら旅館探しは上の空で、2回体験した鶴翔 のことを考えていた。1回目は飛び込みながらも敢えて飲みはしなかったが、2回目は大きく一口飲み 込んだ。確かに酒の味がした。助けられて川原に上がった時にはうわずって意識していなかったが、 後から思い出せば、一口飲み込んだ割には酔いの感覚がなかった。自分は酒に弱い方ではないが、一口 も飲めば大抵は軽い酔いを感じるものだった。川面に現れた鶴翔が一瞬で消えるとともに、飲み込まれ た分の効果も消えるのか、それにしては随分と長い幻影を見ていたような気がする、なぜ蓮佳の幻影を 見たのだろう。  聞き覚えのある女の声が耳に入った。上の空で八幡温泉街を歩き回っていた喜太郎が気付いて 視線を声の方向に向けると、丸岡だった。びわぁと響く男の声に呼ばれるように、小脇に木箱を抱え たまま温泉旅館の玄関の暖簾をくぐった丸岡は、間もなくさらに多くの木箱を両脇に抱えて出て きた。丸岡と視線を合わせた喜太郎は、改めて助けてもらった礼を言った。安い宿を探している ことを聞いた丸岡は、今出てきた暖簾の下をくぐって玄関に入り、またすぐに出てきた。この旅館 に手頃な部屋が空いているからここに泊まれと言い残して、お使いがあるからと箱を抱えて小走り に出かけて行った。続いて玄関から出てきた男は喜太郎を見上げ、びわの知り合いか、今夜は泊るの かと尋ねた。びわとは何かと問い返した喜太郎に、この丸屋旅館の娘で、自分の娘だとその男は笑い ながら答えた。喜太郎はとりあえずここに宿を取ることにした。  丸岡枇杷子(びわこ)、それがこの旅館の主の娘の名前、喜太郎は部屋に案内してくれた 中居から聞いた。関係を気にしている中居には、朝早くに川沿いの道で枇杷子と偶然出会って、 宿を探していると言ったらここを紹介されたと説明した。その中居に旭川の酒のことを尋ねると、 昔聞いたことはあるが良く知らない、と言って部屋から出て行きそうになった。喜太郎は呼び 止めて、旭川の酒のことを知っていそうな人に心当たりがないかと踏み込むと、この辺りのこと […]

23. 酒と鬼を探す男1

 1910年の4月、武良喜太郎(ぶら きたろう)は紫の酒、鶴翔(つるはね)が湧くと言われる 旭川(あさひがわ)にやってきた。  ポイントは建部村八幡(たけべむらやわた)温泉付近の旭川河畔である。国鉄津山線に乗って 岡山県御津郡建部村福渡駅(みつぐん たけべむら ふくわたりえき)で降り、そこから歩いて 20分ほどの距離だ。喜太郎は駅からの道すがら、周辺に住む人々に話を聞いて鶴翔のことを確か めようとしたが、鶴翔や酒鬼のことになると急に口が重くなった。   喜太郎は鶴翔のことを、京都の薬面寺住職から聞いた。薬面寺に伝わる代々住職の手記に、 100年以上前の幻の酒のことが書かれているとの話であった。その酒は岡山藩が皇室に献上して いた酒であり、昔の住職が薬師院大僧正の共をして帝(みかど、天皇陛下)に拝謁した折に相伴に あずかったことがあった。美しい紫色の酒であったようで、それから数年してその献上酒は途絶え たが、それを造っていた杜氏(とうじ)が酒鬼となって造り続けたという言い伝えがあったそうだ。 その話を聞いた喜太郎は、その代々住職の手記を読ませて欲しいと当時の住職に頼んだが、これは 僧坊以外の人には見せられないと断られた。そこで喜太郎はその住職に頼み込み、鶴翔にかかわる 部分を読んで聞かせてもらった。その内容から、旭川湖に沈んでしまった岡山藩旧鶴田村にいた杜氏、 佐知助がその酒鬼になって鶴翔を造っていたと喜太郎は確信して、旭川にやってきたのである。  喜太郎は化幻玄師(けげげんし)である。これは妖怪、怪現象、特殊能力など、一般の常識となっ ておらず一部に信じられていたり言い伝えとなっている不可思議な事柄を調査し、その現象や力を人 の世の役に立てる任務を負った一族である。  化幻玄師の源流は500年代の後半にいた馬斑柿比良(うまむらのかきひら)である。累代に渡っ て朝廷の大臣(おおおみ)を務めた蘇我氏に仕え、物部氏をはじめとした政敵と戦うための諜報 活動や工作を取り仕切ったのが馬斑氏であり、その中でも柿比良はずば抜けた能力を発揮して物部氏 を滅亡に追い込んだ立役者であった。柿比良が得意としたのは諜報と戦闘の指揮であり、自らの 肉弾戦には弱かった。物部氏を滅ぼしたその高い能力を厩戸皇子(うまやどおうじ、聖徳太子の生前 の名前)に認められて、柿比良は皇子から直接の任務を命じられた。それは仏教の調査であった。  500年代前半の日本に伝えられた仏教は、数十年を経てもまだ日本に定着してはいなかった。 当時の自然災害や伝染病や事故は、怨霊の祟りによってもたらされると信じられていた。仏教におけ る仏や仏具はそうした怨霊を沈める力を持つ一種の科学技術とされ、その力を活用しようとする勢力 が朝廷に仏教を取り入れようとした。蘇我氏は仏教を使う立場をとり、仏教を怪しい力として排斥しよ うとする物部氏と激しく対立した。この時は仏教が政争に利用されたのであるが、厩戸皇子は政争の 道具としてではなく、純粋に怨霊封じの科学としての仏教を見極めようとした。その調査命令が柿比良 に下されたのである。  柿比良は様々な経典や仏像を調べ、仏教が怨霊の鎮魂に極めて有力であると結論を出した。それに よって厩戸皇子は17条の憲法の第二条に「篤く三法を敬え」(仏教を手厚く信仰するように)と定 めるに至った。それ以来、馬斑氏は諜報活動の担い手としてではなく、不可思議な現象や力、つまり それこそが当時の最新科学技術であって、それを調査して世のために活用する役割を生業とし、以後 代々に渡って受け継がれてきた。その子孫は不可思議な事柄を感じ取る独特の能力を持つに至り、いつ のころからか自らを化幻玄師と称した。中央の政権に仕えたり、地方の領主の保護を受けたり、商人 の支援を受けるなどその立場は多様となり、時代を経て分派もした。政争に与した諜報活動や破壊工作 を生業とする忍びとは一線を画していたが、忍びや官憲に追われることもあった。その末裔の一人が、 武良喜太郎である。  旭川を渡ってくる風の匂いを気にしながら喜太郎が土手を歩いて八幡温泉近くに着いたのは、夕暮 れ近くであった。満開の桜が夕日に映えて、川面は夕焼けで橙色に染まっていた。夕陽を背にして感覚 を研ぎ澄ましてみたが、妖怪の気配も酒の匂いも、喜太郎には感じられなかった。  日の出前に出なおした喜太郎は、水際にたたずみ川面に感覚を集中していた。空が白んで山際が薄く 橙色に染まってきたその時、喜太郎は全身に微かな妖気を感じた。薄明るい川面が紫色に変わった。 喜太郎は川面と周囲に交互に注意を向けたが、妖気の主は水の中に感じられた。その妖気が攻撃的な ものでないと断定した喜太郎は、その紫の川に飛び込んだ。紫の川の水は、その味も匂いも確かに酒 であった。と思った次の瞬間、単なる水になり、色も消えた。まだ暗い水中に潜り、動きを止めて様子 を窺ったが、妖気は感じられなかった。しばらく川を泳ぎ周り、川原から上がるころには周囲はすっか り明るくなっていた。  通りすがりの人が、川から上がってきた喜太郎に不思議そうな視線を向けて、何をしているのか川に 落ちたのか、と声を掛けた。喜太郎は着物と袴のままで川に飛び込んだのであった。野菜の入った籠を 小脇に抱えたその若い女は、喜太郎と一定の距離を保ったまま、大丈夫かと重ねて尋ねた。酒を飲んで みようと思って飛び込んだと喜太郎が答えると、その女は顔をそらして歩き始めた。酔っ払いか頭の おかしい者と思ったのである。喜太郎は敢えて近寄らないまま、自分は怪しい者ではなく、この辺りの […]

4.鬼の作った酒は紫色だった

 佐知助は妖怪と化して酒を造り続けている、そんな噂が佐知助を知る元鶴田村の住民から囁かれ始め たのは、鶴田村が水の底に沈んで数年後だった。そして、時を同じくして夜明けの旭川の水が酒になっ ているという噂も流れ始め、佐知助を知る人々は自然と、その旭川に出る酒は酒鬼と化した佐知助が 造った酒であると思っていたという。  旭川貯水堤の完成が宣言され、村に水が溜まり始めてから村全域の水没に至るまでおよそ10カ月を 要した。その間、村を離れて行く人々は佐知助を放っておいたわけではなかった。むしろ多くの村人や 羽屋の職人たちは、佐知助を説得して共に退去するよう促した。堤工事が開始された時分は羽屋の移転 先探しに熱心な佐知助だったが、命の酒、鶴翔の再現に絶望してからは誰とも口を利かなくなり、杜氏 小屋の中に座ってふさぎ込む日々が続いた。そしていよいよ羽屋一帯に水が満ちてきたときは、羽屋の 職人たちが佐知助を担ぎ出そうとしたが、赤黒い顔に黄色く光る眼光を向けて櫂(かい、杜氏が酒を 混ぜる道具)を振り回す佐知助の鬼気迫る形相に恐れをなし、ついに諦めて佐知助を残して村を去って 行った。  佐知助が親からその醸造法をただ一人受け継ぎ、岡山藩皇室献上酒として日本中にその名を馳せた 酒、鶴翔は紫色だった。  酒、すなわち米を発酵させて作る日本酒は、充分な発酵を経たばかりの段階では乳白色である。 これが目の細かい木綿布で濾されて透明となり、火入れ(加熱によって酵母や麹菌を死滅させること) を経て完成形とされる。これが現代の日本酒としてお目にかかる最も多い姿で、清酒と呼ばれる。昔は この清酒以外に、目の粗い木綿布で濾されたり、濾さずに静置して上澄みを取り出したりした淡い白色 の状態も多く楽しまれた。現代でもにごり酒と呼ばれて出回っている。清酒もにごり酒も色はほとんど なく、無色透明か白色か淡い黄色である。希に、発酵過程で行う追い水の代わりに酒を追加して作る酒 は褐色になる。  紫色、佐知助の作る鶴翔は鮮やかな紫色だった。古来から日本では、紫色はもっとも高貴な色と され、朝廷における位階にあっても紫の烏帽子は最上位のものであった。鶴翔が皇室献上酒となったの も、その味わいの見事さと共にその類希で美しく高貴な色合いによるところがあった。  佐気夫が酒を造るときは常に全神経を傾けていた。鶴翔造りに至っては他の職人の関りを一切許さ ず、彼が一人ですべてを行い酒樽を睨みつけて他の者を寄せ付けない姿はまるで鬼のようであった。 この姿をして村人は佐知助を酒助、酒の鬼、はたまた鬼助などと呼ぶ有様であった。鶴翔を造っている 佐知助の凄まじい姿を知る者は、彼が水に沈んでなお妖怪となってまでも酒造りを続けているという 噂に、さしたる不思議を感じていなかったのである。  旭川にあって八幡温泉付近のみが、その水面が朝日に照らしだされた一瞬だけ紫色を呈する。 その刹那、その美しさに川の水を汲んだ者が、それが見事な酒であることに気付いたのである。そして その美しい紫色から、それは鶴翔、つまり佐知助が造った酒に違いないという話しとしてその地域に伝 わっていったが、その鶴翔を味わおうと日の出の旭川を訪れるほとんどの人々は、旭川から紫の酒を 汲み上げることはなかった。汲み上げることができたのは、ある共通した特徴を持つ人々であった。  旭川に鶴翔が湧く、そういう言い伝えが150年近くにわたって細々と語り継がれてきた過程で 鶴翔の名はほとんど忘れ去られ、川の水が酒になると言われるだけになっていた。  ところが、どこからともなく鶴翔の名を聞きつけ、旭川に湧く鶴翔を求めて現れた男がいた。 1910年のことである。  その男は、化幻玄師(けげげんし)・武良喜太郎(ぶら きたろう)といった。妖怪を探して 日本中を旅している男であった。

3.良いコメと良い環境は良い酒を生む

 妖怪が酒を造っている、そういう伝承が密かに伝わる岡山県旭川湖のある地域は、1815年に水没する までは、平和で豊かな村だった。  そこは岡山藩備中鶴田村、周囲の山から旭川河畔に向かって幾重にも配置された棚田が豊富な作物を もたらしていた。安定した水量によって、農地あたりの米の収穫高も高く、その 米と水を用いた酒造り も長い伝統を持っていた。一部の酒は岡山藩御用達の神酒として、皇室への献上銘柄 にその名を馳せて いた。その銘柄は鶴翔(つるはね)といった。  鶴田村の名は、この棚田の一角に毎年舞い降りるタンチョウに由来する、すなわち鶴の舞い降りる 田のある村というのがその起こりであると言われていた。そして鶴翔は、その優美で高貴な味わいと 後味の切れの良さをして鶴の飛び立つ姿に準えたと言われていた。  この鶴翔は一軒の農家によって代々醸造され、その醸造法は門外不出とされていた。鶴田村が湖の 底み沈む、その計画が発布された当時、杜氏として鶴翔の醸造法を取り仕切っていたのは佐知助だった。  佐知助は農民であったが、その酒作りの腕が認められ、羽屋(はねや)という屋号を特別に許されて いた。  鶴翔は皇室献上銘柄として一般への流通は許されなかったが、羽屋が作る他の酒は広く岡山藩内外に 重用された。羽屋の酒は、鶴田村の他の作物と同様に、宿駅に集められて運送業者によって大八車で 各地に向けて運搬された。その宿駅は、現在のJR東日本津山線建部駅付近にあった。  村が湖の底に沈む、その知らせを受けたとき佐知助も他の村人同様に意味が理解できなかった。 近代に至ってダムは珍しくないが、1800年代初頭当時の治水事業として旭川貯水堤は日本で前例の少な い大規模なものだったのである。その規模によって、それまで見聞したことのない村の水没という途轍 もない事態が予告された。  庄屋を通じた岡山藩普請奉行からの工事開始連絡では、堤の完成まで4年、村の水没まではさらに1年 の期間があり、その5年の間に鶴田村全域の住人の立ち退きが言い渡されていた。立ち退き後は、普請 奉行所が勧める地域への移住が告げられていたが、その土地にあるのは鶴田村のような完成された田畑 ではなかったために、6年の間に村人自身で整備せよとの通達であった。  佐知助も移住地を探した。しかし、普請奉行所から勧められている地域に仮の杜氏小屋を作り酒を 造ってみたものの、鶴翔は再現できなかった。さらに他の土地に仮の杜氏小屋を建てたり、近隣の村に いる知り合いの杜氏のところで試させてもらったりと八方手を尽くしたが、やはり鶴翔を再現できない まま5年の月日が過ぎて行った。杜氏とは言え、佐知助、いや当時の人々に米から酒ができる詳しい メカニズムはわかりようもない。酒に限らず、現代で言う発酵食品は全て、原材料に作用させる微生物 の種類と生育条件が、その発酵食品の味と質を決めるのである。米を酒に換えるのは、麹菌と酵母で ある。移住によって杜氏小屋を替われば、そこにいる麹菌も酒酵母も違ってくることから、できる酒 の味も違ったものにしかなりえないのである。佐知助が昔からの鶴翔の味にこだわる限り、違う土地 では造れない。  佐知助にとって鶴翔はただの酒ではない。それは皇室献上酒であるということ以上に、両親から受け 継いだ自身の命そのものだった。だから佐知助が鶴翔に違う味を許すことはできなかったのだ。  佐知助は最後まで鶴翔の杜氏小屋の中から離れず、ついに旭川湖の底に沈んだ。  この数年後からである、旭川の水が酒になっているという噂がこの地域に出始めたのは。

2.酒を造る妖怪のすみか

 酒鬼(さかおに、あるいはしゅき)と呼ばれる妖怪、これは酒を造るのが得意な妖怪という意味 である。妖怪自身が酒鬼と名乗ったわけではない。酒鬼はこの妖怪を知る者の間でいつの間にか 使われた呼び名である。  日本には酒鬼の存在がいくつも伝えられている。  例えば、武良茂人(ぶら しげと、1919年-2010年)が編纂した日本希存現象縁説録 には、沖縄を除く日本国内について193説の妖怪の存在が記述されている。同著によれば、 日本各地に酒鬼に類する妖怪の伝承が26以上あり、その地方によって伝わる呼び方は少しずつ 異なる。その主なものはさけおに(酒鬼)、さかおに(酒鬼)、さおに(酒鬼)、しゅき(酒鬼)、 しゅせいき(酒精鬼)、しゅれいき(酒霊鬼)、さかたまおに(酒精鬼、酒霊鬼)、などである。 武良はこれらを一つの系統として酒鬼に分類している。  酒が関る呼び名として近いものに、さけてんぐ(酒天狗)、しゅてんどうじ(酒呑童子)、 酒々井狐(すすいきつね)などがあるが、これらは酒を造る妖怪ではなく、酒を飲む妖怪、 あるいは酒々井明神の守護をする狐という意味の呼び名であって酒造りと結びつかないことから、 同著では別の種説として分類されている。  日本各地で伝えられている酒鬼が酒を造る目的や作った酒の現れ方には、幾通りもあるようだ。 岡山県の建部町一帯でその存在が伝えられている酒鬼は、作った酒を旭川に流しているのである。 いや武良の説によれば、建部町の酒鬼は自分の家でせっせと酒を造っているだけなのだが、酒を 入れた樽から酒が旭川に流れ出た結果が旭川の水が酒になる現象であると結論している。  なぜ酒鬼の酒は旭川に流れ出てしまうのか。  それは、酒鬼の棲家が旭川の上流にある旭川湖の底にあるからである。 旭川湖は1815年に竣工した旭川貯水堤(現在は旭川ダム)によって作られた人造湖である。 ダム建設によって湖の底に沈んだ地域は、かつて農村だった。  この村に住んでいたある男は、彼の土地で行う米作りと酒作りを愛するゆえに、村の水没に及んで この村からの退去を拒否した。彼は酒作りをしながら、湖の底に沈んでしまった。 この男の名前は佐知助といった。

1.日本酒が流れる川

 日本には科学では説明できない奇怪な現象を湛える川がいくつもある。 そのうちの5つ、日本五大酒威川(ごだいすいせん)と呼ばれるものの一つに旭川がある。  旭川は、岡山県真庭市の蒜山(ひるせん)高原付近を源流とし、中央部をほぼ南に向かって県を 縦断し、岡山市の中心市街地を通じて児島湾に注いでいる。川幅は広い所で約280mあるが ほとんどは100m以下の川であり、深い所の水深は5m程度と、日本においてもありふれた 大きさと外観の川だ。だが、この川は奇怪な特徴を持つ。  川の水が酒になるのである。この怪現象が起きるのは旭川のごく一部、岡山市北区建部町にある 建部八幡温泉付近のみで、しかも朝日の昇る一瞬の時間帯だけである。  この現象は建部町一帯では江戸時代後期からずっと知られていて、地元では語り継がれていたが、 それを確かめようとする来訪者が旭川で酒に出会うことは希であったために、作り話である と言われてきた。  しかし、民俗学者・武良茂人(ぶら しげと、1919年-2010年)がその存在を体験し、日本民俗風俗 学会で発表し、自身の論文や著書に記述してからは、その怪現象が実在視されるようになった。 ただし、武良の体験を再現しようと多くの学術関係者や取材希望者がこの旭川の建部町流域を 訪れたが、酒になった川の水を確認する者と確認できない者とが混在し、確認できた者の割合は 1割に満たなかった。そのために、この酒を確認した者は建部町の人や武良に頼まれたり買収され たりしているに違いないということまで言われ始めた。ここで注目されるのは、建部町に長く住む 人々と武良だけは、朝日が昇る時にこの酒を求めるとほぼ100%の確率でこの酒に触れることが できている。  この建部町ではさらに、旭川の水が酒になる原因も語り継がれている。 それは、酒鬼(さかおに)と呼ばれる妖怪が、川で酒を造っているからだというのである。