33. 虹色の怨念1

 巳句羅(みくら)は瑠璃寺の奥で床に就いていた。 瑠璃寺は常陸国(ひたちのくに)の府中にある真言宗智山派の尼寺で、夫、平国香(たいらのくにか) と娘、丹々(にに)を亡くし僧籍に入った巳句羅が務める寺だ。  巳句羅の目はほとんど見えなかったが、目を閉じていても時折鮮明に蘇る光景があった。それは 平将門の顔であり、自分が凝視した将門の眉間を七色の矢が貫いて、血が噴き出る様だった。巳句羅 は脱力感をまとって床にいたが、目以外のどこにも怪我はなかった。鬼怒川の鯉の鱗を両目に入れ、 鱗を通した自らの視線で将門を撃ってからは気を失った。気づけばこの床にいた。瞼は開くが景色が ぼんやりと見えるばかりで、起き上がる気力もなかった。< p>  世話をしてくれる尼僧に依れば、自分を抱えてこの寺に戻したのは鎧に身を包み馬に乗った数名 の武者(もののふ)であった。そのただならぬ様子に警戒し、門内に尼僧兵団を配したうえで脇門 から応じたところ、武者は誰も名乗らなかったが全員が馬から降り丁寧な言葉使いで、奥方様を よろしく頼むと言い残して去って行ったとのことだ。自分のことを奥方様と呼ぶ武者とは、夫、平国香の 家臣、剣持萬蔵(けんもち まんぞう)とその一党であることが巳句羅にはわかった。平将門を討った とはいえ、将門を新皇と仰いでいた武州の反乱勢力は平国香の一門に追手を掛けるのが明らかである ことから、萬蔵以下国香一門の残党は早々に巳句羅を安全な尼寺に落として、方々に逃げ散ったに 違いない。< p>  平将門は死んだのか。将門はあなたに討たれる、鱗を通して見よ、将門の死が見える、鬼怒川 の銀色の鯉はかつて巳句羅にそう言った。そしてその鯉の鱗を入れた巳句羅の目は、将門が眉間 から血を吹き出す光景を見た。目を閉じれば何度でもその光景が浮かんだ。それでも巳句羅には それが現実だったかどうかわからなくなっていた。< p>  数日経ち、巳句羅は起き上がれるようになった。目を開けば光が眩しく、ぼんやりとしか見えな かったためにほとんど瞼を閉じたままにしていた。  瑠璃寺の住職、信尼(しんに)が、尼僧の燕尼(えんに)と共に巳句羅の部屋を訪れた。 「巳句羅、具合はどうだね」、 燕尼は廊下からそう声を掛け、ゆっくりと襖を開けた。部屋の真ん中に正座し廊下に背を向けていた 巳句羅は、その声を聴いて廊下の方に向き直った。 「お蔭様で落ち着いております」、 信尼と燕尼が巳句羅の前に座り終える辺りで口を開いた。 「目はまだ見えないのか」、 燕尼は心配そうに尋ねた。 「変わらずでございます。うっすらと明かりは感じますが、ほとんど見えません」、 顔を燕尼の方に向けて巳句羅はそう言った。 「医者もそなたの目が悪くなった理由はわからんと言った。いったい何があったのだ」、 信尼が尋ねた。 巳句羅は顔を左右に振り、心当たりがない素振りを示した。 「そなたは、夫君(おっとぎみ)の一門と共に行ったのか」、 そう尋ねる燕尼を信尼が視線で制した。 「信尼様、私のような者がこれ以上お世話になりお寺にご迷惑をおかけすることはできません。 どこか遠方の寺をご存じではないでしょうか。」、 巳句羅は顔を伏せてそう言った。 「その体でどこへ行こうというのだ。ここにおれ。」、 そう言う信尼の方を向いて燕尼は言った、 「信尼様、巳句羅をこのままにしておけばいずれ追手が嗅ぎつけますぞ」。 「巳句羅はずっと目が見えぬのだ。そんな巳句羅が何をしたというのだ。あの武者どもは道で見か けた盲目の尼僧をこの寺に送ってくれただけじゃ。何もはばかることはない。」、 信尼は巳句羅の方を向いてそう言った。 「しかし、将門殿を失った武州の侍は色めき立ってその下手人(げしゅにん)を探しておるはずです。 巳句羅の素性を知れば。」、 そう言う燕尼の顔を見据えて信尼は言った、 「たとえ素性を知ったとて、盲目の尼が武士(もののふ)相手に何ができると問うてやれ。将門殿が 討たれたこととは何の関係もないわい」。 巳句羅に顔を向けた信尼は加えた、 […]

32. 霊気を吸い込む孫の手2

 神戸海軍操練所の前を朝5時過ぎに出発して馬を走らせ、岩屋の海岸線で歩を緩めてしばらく話した 後は、街中を通ることが多く、勝芳安の指令について話す機会がなかった。中国街道を通って武庫川 大橋に着いた時には太陽は高く上がっていた。二人は橋の袂から武庫川河畔に降りた。馬に水を飲ま せ、草を食わせて休ませた。  川原に人影がないことを確かめて、樺丘は紗奈妓(さなぎ)に尋ねた、 「結局お前は何者なんだ。」 紗奈妓は明るい笑顔で、思い出したように話し始めた 「勝様がな、孫の手を気にして、何か使えんかと考えられたんじゃな。誰かええもんがおらんかと考え とるうちに、うちらのような者のことを知りなさって探させたんじゃ。そしたら」 「だから、そのお前らは何者なんだ」、 樺丘は口を挟んだ。 「じゃから化幻玄師の出番なんよ」、 ずっと樺山の顔を見て話していた紗奈妓は、橋の上や土手を見廻し、周囲を警戒してから樺丘の顔に 視線を戻した。 「そのけげしってのを俺は聞いたことがない」、 樺丘は眉根を寄せた顔を紗奈妓に向けて言った。 紗奈妓は慣れた様子で言葉を重ねた、 「世の中にはよ、たまに出くわすけど思い通りには操れん不思議なことがあるじゃろ、化幻玄師はそう いうことを調べて人の世の役に立てるお役目を務めとるんよ。」 ピンとこない樺丘の顔を見てさらににこにこしながら紗奈妓は続けた、 「例えばじゃ、人魂は墓所で燃えとるじゃろ、あれをいつでも自由に起せるようにできたら火打石は 要らんようになるし、寒い時には薪を燃やさんでもなんぼでも暖こうできるじゃろ、そういうことを 探すんよ、それが化幻玄師じゃ、面白いじゃろう。」 胡散臭さを感じた樺丘が硬い表情で言葉を重ねた、 「それでお前は誰に仕えとるんだ。」 「心配せんでもうちらは勝様の敵方じゃないよ、勝様もそれを確かめるのにけっこう時間がかかったん じゃろう」、 変わらずにこにこしながら紗奈妓は答えた。確かにそこに抜かりがある勝様じゃないな、そう考えた 樺丘は表情を緩めて続けた、 「それであの孫の手にどういう使い道があるんだ。」 さらに笑顔で紗奈妓は答えた、 「そりゃ実物を見てみにゃいけんが、その孫の手は雷みたいな光るものを捕まえるんじゃろう、面白 そうじゃんか。」  2人は時々馬を休ませながらひた走り、夕暮れに近づいた午後5時過ぎには大阪府岡中村に着いて いた。岡中村は紀州街道沿いの小さな宿場町で、近畿と和歌山との中間点として利用する者が多かった ために、8件ほどある旅館は江戸時代から繁盛していた。紗奈妓もこの一円を旅するときにはこの村の 旅館を度々利用したので、馴染の旅館がいくつかあった。  この日は、紗奈妓の勧めで信達屋(しんだちや)という旅館に泊まろうと、暖簾をくぐった。二人に 対して手代は、部屋の空きがないと不愛想な返事をした。一部屋でいいから何とかならないかと頼み 込む紗奈妓に、手代の返事は冷たかった。紗奈妓は番頭さんを呼んで欲しいと伝えたが、番頭は出掛け ているというオウム返しの回答が来た。不思議に思った紗奈妓は声を張った、 「番頭さーん、おらんかのう、増岡さーん」 「おーい」、 という野太い声と共に奥の引き戸が開いて白髪の小柄な男が現れて言った、 「おう、なんや紗奈妓はんやないか」。 合掌しながら例によって笑顔で紗奈妓は続けた、 「今夜泊まりたいんじゃけど何とかならんかね」 手代の顔に目を移した増岡は言った、 「亀やん、部屋は空いてないんか」。 手代は目を伏せて小声で答えた 「へえ、今日はちょっと」 玄関の机の上にある台帳を手に取った増岡は、指を舐めながら数枚のページをめくり目を細めながら 部屋の空き状況を調べた。 「6番が空いてるがな、ここを使こうてもらえ、ほら支度させてこい、ええから」 そう言った増岡は、台帳を手代に手渡して肩を押した。 […]