I don’t think it’s の方が普通=ガラリと変わる英会話 13

こんばんは、ロドリシンコ博士です。相変わらず日本と日本人が大好きです。 日本人は周囲の人々との調和を大切にします。これは何度か書いた、日本人の遺伝子の 一つです。他人の邪魔をしない、他人と争いたくない、他人を否定したくない、そういう 気持ちが無意識に働きます。だから英語で話すときも”yes”を連発するが、英語の場合には 前の文章を良く見て、同意するときに”no”と言わなければならない場合があることを お伝えしました。これと似ていることが他にもあります。 日本人が英語で”何々ではないと思う”ということを述べたいときには、この表現通りに I think it is not ・・・ と言います。これは決定的に間違っているわけ ではありませんが、英語では少し変な感覚で聞えて、急いで話すときには伝わりにくい場合 があります。なぜかというと、英語では、結論から先に話すからです。 つまり、”何々でないと思う”と言いたいときには、否定文が結論です。すると、”何々で あるとは思わない” を英語にした、”I don’t think it is ・・・” という 言い方で、”I don’t think” という否定の結論を先に言う方がすんなりと通じやすい のです。 結論から先に言うのは”I don’t think it is ” だけではなく、会話の組立でも同様 です。日本語では、周囲の状況や前提条件を話してから、最後に一番言いたいことを出す のが良くある組立です。しかし英語では、一番言いたいことを先に行ってから、その理由や 背景を付け加える組立が多いです。 例えば、日本語での話し方だと、「今日は午後に雨が降るようですね。午前中は会社の中で 仕事をするが、午後は取引先を訪問する予定です。その時には荷物もあるし、結構歩き回る ので、動きやすくしておく方がいいと思います。だから今日は傘を持っていくだけでなく、 カッパも持って行った方がいいと思います。」という風に、カッパを持っていこうという 結論が一番最後に出てきます。 これが英語会話だと、 ” It’s better for us to bring rain coat as well as umbrella […]